FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一泊二日の露出旅行① 山篇

こんばんは。yukiです。GWをゆっくり過ごしていますよ。
今日も露出の話をします。

当時(26歳か27歳くらい)の時、年に一回7月に
一泊二日の旅行を主人が計画して二人で行ってました。
1年目は山登り。。といってもロープウェイですが。

車で麓まで行って1000m位をロープウェイで上がって行きました。
さすがに山頂で不似合いなミニスカートでは寒かったです。
ハイキングコースのところどころで主人のお願いにしたがって
スカートを捲ってショーツを見せていました。
それに帰りのロープウェイは二人だったので、ゴンドラのなかで
オッパイを露出させられて、、すれ違う登りのゴンドラの人に見られて
いたような気がします。

その後有名は繁華街に戻り、ホテルにチェックイン。
洋服を超ミニ丈のワンピに着替えて、食事に出掛けました。
夕方6時くらいで繁華街の居酒屋に行く途中に
いかにもいかがわしい店の前を掃除していた男性店員に
ジロジロ見られたのをよく覚えています。

居酒屋で主人とお酒を飲んで、酔ってしまった帰りは
主人にずっとお尻を触られながら電車に乗ってホテルに帰りました。
すでに盛り上がってしまった二人はホテルに帰ると、
主人が私にショーツを脱ぐように命令して、私も素直に従って
ミニスカートにノーパンの姿ででフロントの自動販売機にジュースを
一人で買いにいきました。
途中のエレベータで乗り合わせたサラリーマン風の男性に
ジロジロ見られて(ノーパンはばれていないと思いますが)
興奮してしまった私は部屋にもどって、主人のチェックをうけました。
部屋のドアの前に立たされて、ワンピを捲りあげて。。
主人曰く「太ももに恥ずかしい滴がたれているよ。」と。
立ったまま、恥ずかしがる私に、オナニーするように主人に言われました。
私はオマンコを指でかき回して、太ももをビショビショにしてしまいました。。。


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : M女の日記 - ジャンル : アダルト

雨の公園で露出散歩。

yukiです。こんばんは。サボっていてごめんなさい。
4月になって私も主人も忙しくて少し真面目になっていました。
ようやく落ち着いてきたので当時の続きを話そうと思います。

初めての野外露出から、私達はほぼ毎週のように
野外露出を楽しむ?ようになりました。
というか、毎週主人のリクエストがありました。

紐のショーツにミニスカート、ノーブラにハイヒールのサンダル。
そんな格好で公園に行きました。
雨の日だったと思いますが、公園は人もまばらで、そんな中
車を降りて、散歩をしました。
緑の多い公園には全然似つかわしくない格好で、でも人も歩いて
いなかったので、だんだん大胆になって。。
木陰で主人のオチンチンをしゃぶった後、スカートを捲り上げて
そしてオッパイを露出させたまま歩きました。
途中、公園の管理のおじさんに出くわして慌てて隠しましたが
たぶん見られていたと思います。
そうした夜は、いつも主人とsexして、昼間のことの感想を言わされました。
主人は私が恥ずかしいことを言葉にするのが好きなんです。
そして私も。。。言葉にすることが感じるようになりました。

テーマ : M女の日記 - ジャンル : アダルト

初めての野外露出。

yukiです。こんばんは。
だんだん近い過去の告白になってきました。
今夜は初めての野外露出したときのことをお話しします。

その日は主人と二人でアウトレットモールへ車で出掛けました。
主人は珍しく出掛けるときに何も言わなかったので、
ロングスカートでごく普通の格好で行きました。
1時間ほどかかって、アウトレットに着くと、
主人は私の服を何でも買ってくれるとのこと。
喜んでいたのはつかの間で、主人が買ってくれるものは
かなりきわどいものばかりでした。
スカートはデニム地のフレアミニ、襟ぐりの大きく開いた
ブラウス、ハイヒールのサンダル、そして下着は紐のショーツ。
一通り買い終えると、トイレでその洋服に着替えさせられました。
ブラウスの生地が薄かったので、ブラのラインもくっきり透けていて
手洗いの鏡に映る自分はとても恥ずかしい格好に見えました。
結婚する前なら、近い格好でも平気で歩いていたような
気がしますが、この時はなぜかとても恥ずかしくて。。
アウトレットを主人と歩きましたが、男性の好奇な視線と
女性の軽蔑された視線を感じました。

その後アウトレットを離れて、山岳のドライブウエイをドライブ。
途中人の少ないレストランで食事しましたが、その時主人に
ブラジャーを外すように言われて、、言うとおりトイレでブラを外して
ノーブラで食事をしました。
帰り際、レジで男性の店員にノーブラを気づかれたのかどうか、
お勘定で1万円札と5千円札を間違えられて、おつりをたくさんもらい
足早にレストランを出ました。(これは思わぬラッキーでした)

そして、ドライブウエイの展望公園で、初めての露出。
主人の言うことにしたがい、まずはベンチに前かがみに手をついて
ひざを曲げずにお尻を突き出して。。通る車の人にパンツを見られました。
次に、ブラウスのボタンを外して、オッパイを露出。。。
さすがに車が通りかかると隠してしまいましたが、
かなり興奮してしまったことを覚えています。

主人は少し離れた場所で知らない人のように立っていたので
まるで私一人でやってるように見られたと思います。
今までもいろんな恥ずかしいことをしてきましたが、
何か違う快感がありました。
そう、中学校の時に感じたあの恥ずかしさに近い快感が蘇ったような。。
こんな私を主人は見抜いていたのでしょうか。



テーマ : M女の日記 - ジャンル : アダルト

新婚生活ー新しい場所で。

こんばんは。yukiです。
今回からは結婚生活のことをお話します。

結婚とともに、新しい場所での生活が始まりました。
当時はまさか住み慣れた地元を離れるなんて夢にも
思っていなかったので、友達と離れ離れになる寂しさの
反面、回りの目も気にしなくていいという気楽さも
ありました。
慣れない場所ということで、まずは専業主婦でスタートして
家にばかりいても暇なので、ピアノ教室に通い始めました。
(実は小学校のころはピアノを習っていたので、音大に
 行きたいなあと思ってた時もあったんです)
そんな穏やかな新婚生活で、以前のやんちゃな私は
卒業したと自分では思っていたので、着る洋服も
清楚な感じのおとなしいものでした。

ところが。。付き合ってた頃は全く興味を示さなかった主人が
ある日から私の着る服にリクエストをするようになりました。
もう着ることもないと思っていたマイクロミニのスカートや
ワンピースをタンスの奥から引っ張り出して、いつでも
着れるようにして、下着も小さいショーツ以外は捨てて
新しく小さいものに買い替えたんです。
そして主人と出掛けるときは、いつも露出の多い服装が
当たり前になりました。
新しい知らない場所だったので、回りの目も気にならなくて
再び大胆な私になっていったような気がして。。。
知らず知らずのうちに、主人の言う通りに従うように
なっていったんです。


テーマ : M女の日記 - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。